Check for details

腰が痛くてSEXできないは単なる理由にすぎないアレクサンダで快楽(。

日常生活における じぶんの行動さえもコントロールできていないのに
ピアノのときだけ
「自分の出したい音色が出ない、 テクニックが身につかない」 なんて 都合が良すぎだろ。 こいつ。

日常生活における

カラダの使い方も成っていないのに、   (日常生活=寝る、起きる、食べる、歩く、走る etc)

ピアノのときだけ

「響く音色を出したい」「思うように指が動かない」 なんて

甘ったるい考え方してんじゃねーよ。 

------------------------------—

これらは、

今まさに、じぶんに言い聞かせていることで。

良い音を鳴り響かせたい、

もっと難しいテクニックを身につけたい、 ならば

日常生活における1つ1つの自分自身の行動から改善すべきだ。

じぶんは、 常に、そう言い聞かせておる。

ピアノのときだけ うまく弾きたい、 なんて  
ほんと都合よすぎるぞ。  とな。 寝る瞬間、起きる瞬間、
歩いているとき、 座っているとき、
振り向くとき、人と話をしているとき、

常に ピアノを意識して 行動してます。 最近。

--------------------------------------------------—-
前回の記事 の⑤で紹介した、
アレクサンダー・テクニークにできること /デボラ キャプラン  オススメ度 ★★★★★
じぶんなんかより
ずっとわかりやすくレビュー書いてくれてる人がいるので、
そちらを読んでみるのもGOODですが。

中身を少し紹介しようと思う。

------------------------------

「姿勢を良くすること」 と

「カラダに正しい動きをさせる」  この2つは全く違う。 (これ重要)

軍隊が行進しているとき、

”姿勢良く”行進しているかもしれないが

それは、

「カラダに正しい動きをさせている」こととはまったく別モノ。

では、

「カラダの正しい使い方、 良い姿勢」とは一体なんなのか?」 

これが第一章。

 なぜ姿勢の習慣が腰痛、首の痛み、関節炎のような症状に

 影響を及ぼすかについて、 の説明がなされている。

-----------------------------------–

例1:頭部の間違ったバランス D猫殿下@ぬああああああああああああ  第4章(p33) より抜粋 

写真で「悪い例」「良い例」 と示されているところは わかりやすい

(この本は写真が豊富)

じぶんで 鏡をみながら(チェックしながら) 

本を読み進めるのが良いと思う。 おもしろいし。

眠る、 机で勉強、 電話をかけるとき、 ゴロゴロして本を読む、 イスに座って本を読む、・・・ etc

この本は、

これら日常生活における”習慣化されてしまった行動”を

「正しいカラダのつかいかた」を求めて改善していこうぞよ   そんなかんじの本。

例2:SEXするときの体位について。 D猫殿下@ぬああああああああああああ  第7章(p96) より抜粋 

腰に負担をかけずにSEXするには・・・ と丁寧に説明されている。

SEXできないのは

本当に腰が痛いからなのか?  (相手が嫌いだからなのか?、は別としてw)

腰が痛くてできないなら、 

痛くならない方法でSEXしようぞよ  という考え。 (最高だ。

----------------

日常生活の多くの場面で(筋肉への)緊張が 随所に表れてくる。

しかも”無意識”のうちに。 

そして、それが習慣化されていってしまう。 (恐ろしいことに・・・だ。

しかし 

その ”習慣になってしまったもの” を、

”意識的に”改善していくと

腰痛、肩こり、そこからくる頭痛・・・etc は 治ってゆくはずなんだ。

腰が痛くても、 原因探って→解決すれば

最高の快楽を得るための最高のSEXだってできちゃうんだぜよ

という本。

”音楽”にはほど遠い内容?

いや、そんなことはない。 

むしろ近すぎて 灯台もと暮らしになってたくらいだ。

前回の記事 で紹介した、

ピアニストならだれでも知っておきたい「からだ」のこと

アレクサンダー・テクニックの使い方―「リアリティ」を読み解く/芳野 香

この①④と併用しながら ⑤を読む、 これオススメ。

前記事でも言いましたが、

ピアノに限らず、 スポーツ、格闘技、バレエ、歌、ダンス・・・

あと、仕事で肩こりする人、 腰痛がひどい人、 姿勢をよくしたい人・・・etc

ここに挙げた本は、

「日常生活」でさえも、役立つであろう、 という本です。

とにかく  

日常生活における”人間の行動”すべてにおいて 

手元にあって良いと思われる本。 

---------------------------------------------

前記事  とともにまとめると

④⑤がオススメで、 ピアノ弾く人は①も併用するとGOOD。

この3冊は オススメしたい。

『できない原因はなんなのか』

『では、原因を解決するためにはどうしたらよいのか、』

人生において、一生つきまとってくる論題ではありますが、

”人間の行動”については  

上に挙げた本たちが 細かく説明してくだすってます。

以上

”興味があれば”  どうぞ。

 

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

DMM FX