Check for details

ターキーさんから学ぶこと。「じぶんの耳」と「じぶんの可能性」を大事にしてやってください。

公開しようか迷ってた記事です。 でも3週間、そのままにしてました。 なぜかって・・・               長文だからです。。 1文字1文字に魂こめて書きましたし、書かれております。 それだけに、 自分で、自分の記事みて       「うわぁ・・・なげぇ・・・w」って思って 公開してなかったんです。 (なんせ、感動のあまり、衝動的に書いたもんで、  まとまりがないというか なんというか) 「何が言いたいか」を一言で言うと、       「あなたの耳を大事にしてあげてください」 この記事で言いたいことは↑ただコレだけです。ほんと。。 いつもながら長文になるのは 伝えたいことはもちろん、 生きていく上で、見直してほしいことがたくさんあるからです。 「じぶんを大事にしてあげてください」  ・・・と。 2013/1/24に書いた下書き↓公開。 --------------------------------------------- うん。 「音楽とは何か」 「ヒトとは何か」  「地球と生命体の関係とは」などを考えたことのある人向けの記事になってます。 あ。あと、 「黒ゴマせんべいがなぜ黒いのか」 や、 「なぜピアノのピは ピじゃなくて ゚なのか」などを考えたことのある人向けです。 いつもながら長文ですが どうぞよろしくお願い致します。 -------------------------------------------------------- ふと見た動画だったのですが、 私の全魂が うなりをあげました このピアノさん、 このピアノさんが喜んでるのがわかります? 正直、 私はこのピアノになりたい とさえ思いました。 何度きいても、 この「演奏者+ピアノ」の一体感がたまらなく恋しい作品です。 ターキーさんの「戦場のメリークリスマス」 --------------------------------------------------— ”作品”といわれるものには、 常に2極化は避けられない、というのが世の命題です。 歴史を学べば それが 人間の真だということもわかります。 本気で書きましたので 以下、よろしく。 --------------------------------------------------— むかしむかし とある人が曲を聞きました。 そして 感想を言いました。   □「今ミスったね」   □「弾きかたが雑だね」   □「録音環境 もっとしっかりしてほしいね」   □「リズムがなってないね」   こういった アホで チンケで チンゲで  チンケで 低脳で ふざけた感想を聞くたびに 私はウンザリしちまいます。          あなたは いったい「何を」聴いてるのですか?        あなたは 「あなたの耳」で 聞いてますか?
$D猫殿下@ピアノだらけ猫だらけ毛だらけ~2053脳みそ中
>■「今ミスったね」 =その世界でしか生きられない人のセリフ >■「弾きかたが雑だね」=既成のモノでしか感じられない人のセリフ >■「リズムがなってないね」= 致命傷一歩手前の人のセリフ >■「録音環境 もっとしっかりしてほしいね」= 人類・生命体として残念な人のセリフ “あなたは いったい「何を」聴いてるのですか?” 1950年代の音源であっても 人は感動します。  なぜだかわかりますか? 今一度、 「じぶんの耳」という感覚器官に 問うてみてください。 「ぉい オレの耳!ちゃんと仕事してるかこのやろう!」  と。 -------------------------------------------------------—- 今日、わたしはとてつもない“音”を感じました。 最初にも紹介した ターキーさん。というかた。 Twitterで、“たまたま”からんでくれて、 “たまたま”プロフのURLをポチっとして、 “たまたま”演奏動画を見た(聴いた)んです。   ほんとこの“偶然の出来事”に感謝です。 ターキーさんの音、 ターキーさんのピアノの弦が発する “波のかたち(物理学でいうSin波Cos波のアレです。)”に 感動しました。 さっき貼った 「戦場のメリークリスマス」では聞こえてた「時計の音」が無くなってて その時計が どこ行っちゃったのか すごいきになるとなりのトトロ「風のとおり道」 「デジタル処理」としての「ノイズ」はあります、 それは、私にも聴こえます。 皆さんにも聴こえるでしょう。 でも そんなんどーでもいい。 【A♭3】の調律が、5Hzくらい下であることも、 【D♭5】のピンネジが、ゆるんでることも   聴こえる人には聴こえるでしょう。 調律師さんが聞いたら一発でわかるでしょう。 でも そんなんどーでもいい。 それ以上の「何か」があることに 気づきましたか? あなたの「耳」は ちゃんと その「何か」を感じ取ることができていますか? 動画に映っている、 あのアップライトピアノの魅力を引き出している「何か」があります、 私は、これを聴いて、   「なぜなんだ・・・なぜこの音が出せるんだ?」と 己の「耳」だけでなく 「目」も使って 何度も見ました。
$D猫殿下@ピアノだらけ猫だらけ毛だらけ~2053脳みそ中
「耳」だけじゃ感知できなかったのが悔しいくらい。     1:1=√2  “理論的に”解析すれば   ①この「1:1=√2」が ターキーさんの音の原因だという結論に至りました。 あと ②「弦と、(ダンパーの)フェルトが こすれる音」 これも要チェックでした。 (なんか・・・人体実験みたいに 解析しちゃってすみません。。) ターキーさん、ごめんなさい あと、 ③何にも代えることのできない「ターキーさんの持っている息づかい」、 これが ピアノを通して 聴こえてきます ※「物理学的」「理論的」に解析しようとした私を許してください・・・   だって 気になって仕方が無かったから。。 結局何がわかったかって? いや、 数学ツカっても物理ツカっても なんもわからんかったですヨ。 「何か」があるのはわかるんですが、 「何か」は「何か」なんです。 ハイ
$D猫殿下@ピアノだらけ猫だらけ毛だらけ~2053脳みそ中
「ターキー+このアップライトピアノ」 が 想像絶する「音」を出しているのですよ。。 ナマ音源→マイク→PC取り込み→エンコード→アップロード→  →こっちのPC環境→ヘッドフォン→・・・ こんな長い長い経路をたどり、 アナログ波形がデジタル波形になったとしても、 感じるもんは 感じるものなんです。 そこに 理由なんてありません。 調律?    そんなものどーでもいいです。 ミスタッチ?    そんなの どーでもいいです。 テクニック?    そんなもんに気をとられて「自分の耳」を失ってるのは 誰ですか? 自分自身が  自分の全身全霊を使って 「目の前のモノゴト」を感じようとしてるか、してないか。 うぶ毛1本でさえも 感じるか否か ということ。 私もピアノを弾くし、 ピアノは大好きです。愛してます。 でもターキーさんが発する、この“音の波” は 私には出せません。 「ターキー」というものが、 ピアノを通じて「ターキー」なんです。 これが感じることができた人は、   デジタルー だの、マイクの性能ーだの、   録音環境がー だの そういった、 世の中の「ごまかし」に踊らされない、 「“じぶんだけの耳”を持っている人」だと思います。 この動画をみて、 「ヒトという生命体が“表現”するとは?」を 再び考えさせられました。 同時に、 ピアノへの、そして「音」への想いが一層膨らみました。 この1曲で、たくさん得るものがありました、 まだまだ世界は広い、 まだまだ修行が足りないということも痛感しました・・・ ターキーさん、本当にありがとう。 P.S. 可能ならば ナマの音が聴きたい あと、 その 一体感あふれる「ピアノの中身」が見たい ネジの締め具合や、 フェルトの削れ具合、 手アカのつき具合、東西南北の置き方、 湿度も測りたい 調律師さんの名前も知りたい。 でも、 それらを知ったところで、  ターキーさんの音は 私には到底出せません。 なぜなら、 「ピアノは その人そのものを そのまんま出す」 からです。 私は、ターキーさんじゃないから ”ターキーさんの音”は出せない、 当たり前です。 ピアノの本質を知ってたら これって当たり前のことですが、 それをわかってない人が多すぎる  (特に「ピアノの先生」とか名乗ってる人ら。 最近、猛烈に怒りさえ感じるコレとか。 ピアノは ”単なるモノ(無機質な楽器)”じゃないですよ? 何度も言ってますが、 ピアノは生きてます。 ピアノは生きてます。 ピアノを通して、 ターキーさんの人生や哲学が 「音」になって伝わってくるですよ。 もちろん”全部”がわかるわけじゃないです だからこそ、 その「音のハッスル根源」が知りたくて仕方が無いのです。 あ。 「戦場のメリークリスマス」で聴こえてた 時計の音が、 「トトロ」では 聴こえない理由が知りたい!w さては・・・  時計、ぶん投げて壊しましたね!? ヒトが本来持ち得る「無限の可能性」 というのは  本当だと思ってます。 自分の感性を、 自分の耳を、 そして 自分を大事にしてやってください。 「誰かが○○って言ったから」とか そんなんどーでもいいです。 自分を大事にしてやってください。 以上。
You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

DMM FX