Check for details

名前が無いという名前があるオナホーr 名前の機能性と呪いの重要性

吾輩はD猫である。 

名前はまだ無い。

まだ名前のない小さな本 /ホセ・アントニオ ミリャン
特に オススメというわけではない。

ただ、

「まだ名前がない」 という”名前” がある本、が

存在するというだけの紹介

-------------------------------

重要なのは ここから。

※18歳未満のかたはクリックしないように。

「まだ名前がありません。」 

D猫殿下@ぬああああああああああああ

※クリックしちゃった人は 

  せっかくなのでリンク先の動画も見るように。

人間世界には 

様々な言葉が 無限といっていいほどに存在している。

それら 「無限にあるであろう言葉」 の中で

じぶんが 最重要だと思っている”言葉”、

それは

"名前" だ。

------------------------------

突発的なことを言うが、

人間は 

誰しもが 魔法・呪術を使える。 これは事実だ。

   『はぁ?魔法なんて 使えるはずないだろ。 俺 人間だもん。』    『エーテル持ってないから MP回復できないし。』  FF

   『まほうのせいすい 持ってないし。 まほうの精子なら盛ってるけど。』  DQ

いや、

誰しもが皆、日常生活において ”魔法・呪術” を唱えているのだ。

 

ただ単に、自覚していないだけだ。

この意味をわかる人間が

この世の中に どれだけ存在しているのだろうか。

今まで 何人かに この問いをかけてきたが

答えれた人間は 未だ0人

じぶんが この意味を理解できたのは

11歳のときに出逢った友人(というか妖怪)のおかげである。

その 妖怪に出逢わなければ

わしの人生は こんなに狂ってなかっt (ry

あのブツを使ったことある人は

是非 感想を。 

以上。

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

DMM FX