Check for details

vol.061 良質うんこと下痢は究極的に同じかもしれない【その2】

前回、【ブログ記事を書くこと=生命体によるうんこ排出】と位置づけた。 ここに 1つの記事があるとする。
-------------------------—- あー 今日 会議だー めんどくせー   ねみぃーzzz そういや昨日スロットでまけたー 設定3で合成確率1/400 ありえねー -------------------------—- まさしく 「下痢」 状態である。 通常うんこが 出口よりやや内側に留まっているのに対し、 「下痢」は 液状の老廃物であるが為に 出口にあふれ出てきて 我慢しようにもできない厄介モノである。 しかし、それでよいのだ。 下痢記事は我慢すべきではない。 下痢は即座に放出すべきブツである。 体内に留めておくと 生態活動に悪影響を及ぼす可能性があり、 さらに、その状態が続けば 肉体のみならず  精神崩壊に至る危険性まで示唆される ただし、 毎日、毎年、死ぬまで 下痢状態が続くことは 良質うんことはほど遠くなってしまう。 では、一体どのようにすれば 素晴らしいうんこを手に入れることができるのであろうか。 それには「良質うんこ」の定義を きちんと決めることから始めなければならない。
うむ。よくわからなくなってきた。 この状態が まさしく「便秘」である。 今日のうんこにかかった時間12分 しかし、ケツ穴出口で詰まってしまっては意味がない。
You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

DMM FX