Check for details

その3 湿度計の選び方。おすすめ、メーカーによる差異、誤差、精度

         複数のテーマを並行して書いてるので          初めての方や、ブログ趣旨がわからん という人は              目次のようなもの をみてください このシリーズ(ピアノ管理)の 目次はここ。 --------------------------------------------------- その3  「湿度計の選び方」        

選び方、 とか偉そうに言ってるが、

予算1000円~5000円なら どれでもいい、  というのが本音だったりする。 なぜなら、 

ピアノ管理においては 「湿度〇%」よりも 

「湿度を一定に保つ」、 このほうが重要なので。

  「色んなメーカーから出てるけど、どれ選んだら良いのか迷ってる、」 

  「ピアノ管理用ではないけど、湿度計選びで悩んでいる」

そういう人向けに

参考になれば。と思って書きます。                                 注:この記事、すげー長いです。 

                              これでも短くまとめたつもりで(ry  ---------------------------------------------------

うちには 湿度計が19個あります。  1つはじぶんの寝室用、 残りの18個は全てピアノ用 

正直、楽しい。

測定とか実験は大好きなので。

ピアノ内部で9個、 ピアノ部屋で7個  

D猫殿下@ぬああああああああああああ D猫殿下@ぬあああああああああああ

                            ↑外部センサー付きのやつ。

                         ダンパーのフェルトや木材のスキマなど、

                         局所的に測定できる

あと、自作の乾湿球計が2つ  

D猫殿下@ぬあああああああああああ 材料費は 左:120円  右:700円

乾湿球計はきちんと作れば ちゃんと機能してくれる。

5分程度で作れる。

精製水でなくとも、水道水で十分だし。 理想は水銀を使用している温度計ですが、 アルコールでも構わん。 あと、試薬試験用のやつは 2本で10万円以上するので却下

乾湿球計の作り方・原理について興味があるならば、

じぶんで調べてください。

ただし、

D猫殿下@ぬあああああああああああ  こういう奴が同居してると

D猫殿下@ぬあああああああああああ   3日持たずに破壊されます。

小さいお子様や、ペットのいる人は 

自作乾湿計は向いてないと思います。

で、

オススメの湿度計メーカーは   ■Adorini社   ヒュミドール(葉巻を保管する箱)で有名。   ■BARIGO社  気圧・高度計で有名。    どちらもドイツ製。 信頼性は抜群だと思います。

D猫殿下@ぬあああああああああああ  

真ん中のやつがBARIGO社製  2万円くらい

ただし、 2社とも扱っているお店が少ないのが難点です。 (ネット通販なら手に入るでしょうが)

ネット購入を考えているならば、

理化学機器/実験器具を扱っているサイト   ここでも良い。

ただし、 注文してから届くまでが遅すぎるのが難点。 

また、

「もっと徹底的に 温度・湿度を管理したい!」  というなら

測定器レンタル という手もあります。

ただし、5日間レンタルで20~30万円する。

今回は、      ・そこらへんで手に入るやつ   ・そこそこ精度も良い   ・価格1000~5000円          という条件で、

あと、湿度計といっても 他にも様々な方式があるですが、   ・毛髪湿度計  (いわゆるアナログのやつ)   ・電気式湿度計(いわゆるデジタルのやつ)、

この2方式に絞って紹介します。

余談ですが、

じぶんは アナログ方式の方が好きです。

なぜなら、

  アナログ・・・ デザインが良いのが多い

  デジタル・・・ デザインが(ry

デザインは重要だと思ってるので。

方式で言うならば 乾湿球方式が良いですが

今回は省略。

DRETEC デジタル温湿度計   1500円くらい      〇 安い。見やすい。 投げても壊れない 
EMPEX 温・湿度計 スーパーEX高品質温・湿度計   2500円くらい      ◎精度が良い。 でも 投げると(ry

デジタルならDRETEC(ドリテック) 

アナログならEMPEX(エンペックス)、 ←ただし「スーパーEX搭載されてるやつ」で。

この2社に絞って良いと思います。

なぜなら、 

そのへんで手に入るし、安い、 という利点があるので。

あと、

血圧・体脂肪計でも有名な 「TANITA(タニタ)」についてですが、

TANITA デジタル温湿度計

正直 よくわからん。

TANITAの アナログとデジタル、両方持ってるのですが、

どちらも 他メーカーよりも若干高めの数値になるんです。

同じ場所に置いても

    DRETEC(ドリテック)

    EMPEX(エンペックス)

    CITIZEN(シチズン)

    SATO(佐藤計量器製作所)     CRECER(クレセル)

    その他いろいろ             こいつらが54~56% のときに

    TANITA(タニタ)だけが         61~63%

でも、

30%以上の誤差があったら問題だけど

± 5~8%程度の変動は 許容範囲内とみなしてOKなので、

   「俺は タニタじゃなきゃ嫌だ!!タニタじゃないと生きていけない!」 

というならば、 TANITA製でも 別に良いかと思われます。

【まとめ】       ・そのへんで手に入るやつ    ・そこそこ精度も良い    ・価格1000~5000円         という条件で、

   ① デジタルかアナログか決める

 ② DRETEC、EMPEX、TANITA、 このあたりのメーカーで良い。                        そこらのお店にも大抵は置いてあるし。

   ③ デザインで選ぶのも大事 (=デザインがカッコイイと管理したくなるでしょ。)

   CITIZEN、SATO、CRECERあたりでも良いけど

   なんというか、、、デザインが(ry

あと、

店頭で並んでるのをよくみるとわかるが、

同じ製品でも15~30%誤差があったりする。

「極端に違う数値を示している」 やつは やめてください。

できれば2~3%、  悪くても10%以内の製品を選んでください。

ネットで買うなら実物比較はムリですが。

〇〇のメーカーはどうなの?     

うちは□□よりも△△のほうが精度良いよ、   うちはTANITA製だけど〇〇だよ。  などあれば 気軽にメッセージどうぞ。

特に、TANITA製を使ってる人の情報がほしい(希望)

以上                       → その4につづく(予定かもしれない) 

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

DMM FX