Check for details

ハンマー形状の修正

ハンマーの高さも乱れていたが、 ハンマーの形状の方も見事に潰れていた

 

通常は、『一点』で打鍵するところを、 ハンマーが堅くなってしまった為、『面』で打鍵していたようだ。

これではいくら指をコントロールしても 透き通った音色は出せないし、 音色のバリエーションも減る

昔は、『調律師さん=音程を揃えるのが仕事』と思っていたが、

今回、ピアノのメカニックな部分の調整(=「整調」と言うらしい)をしてもらって、

本当に感動した。

調律師さんは職人だ。

0.01mmの狂いを直してくれたのだから☆

 

----------–

自分の思った音色を出せなかったのは、

指のコントロールが未熟なせいだと思っていたけども、

これだけメカニックが乱れていたら、

どんなに指をコントロールしても理想の音色は出ないわな。。

 

 

思い通りの音色が出るようになって大満足と同時に、

もっともっと指のコントロール度を向上させよう!と

ピアノの打鍵に対するモチベーションが物凄く上がった。

 

ありがとう調律師さん

You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

DMM FX